失敗しないシステム設計|外出していてもVidyoのシステムがあれば会議に参加できる
男性

外出していてもVidyoのシステムがあれば会議に参加できる

失敗しないシステム設計

システム

目的を見失わない構造

最近のシステムは複雑な判断基準が多く、システム開発の難易度も向上しています。新しいシステムを構築する際には、あれもこれも要望を出すことが多く、複雑になりがちになります。もちろん機能として装備されていれば便利に使うことができますが、複雑になる分、エラーになる確率も高くなります。実際に出来上がったシステムを利用して想像しているのと違う事や、使いにくいなどの声が上がることもあります。このような失敗をしないためには設計段階で余分な機能をできる限り排除し、シンプルな構造にすることです。さらにシステムに期待することを明確にすることで硬化の見えるシステムが完成します。誰のためのシステムなのか、何を目的にしているのかをはっきりさせることが大事なのです。

意味のあるシステムを作る

システム開発をする段階では、取り入れたい機能を重点的に議論を進めることが多くなっています。その結果ほしい機能だけに焦点が集まりシステムが出力する結果が蔑ろになるケースが多くなっています。特に既存のシステムを結合したり、カスタマイズするなどのシステム開発を行う場合に、その目的がぶれる可能性が高くなりがちなのです。システムは上手に使う事で利便性は格段に高くなります。企業のシステム導入の目的は機能性の向上と生産性の向上、その結果のコスト削減です。これを視野に入れたシステム開発を行わないと、結果として目的を達成できずに意味のないシステムに仕上がってしまうのです。システムに使われるのではなくシステムを使いこなす考え方が必要なのです。