水道工事店のコストダウン|外出していてもVidyoのシステムがあれば会議に参加できる
男性

外出していてもVidyoのシステムがあれば会議に参加できる

水道工事店のコストダウン

IT

便利なソフトがあります

水道工事を専門に扱っているお店や会社は、顧客から工事依頼されますと、設計書の作成や必要な物資の調達、水道事業者への申請等をします。これらを行うには専門的な知識や技術を持っている人が必要ですが、それには人件費がかかります。ところが、今では水道工事に関わる事務的な作業を専門知識のない人でもできる水道申請ソフトが何種類も販売されています。これは、現場に行ったことのない事務員でも使える便利なものです。また、水道事業者は、日本の場合地方自治体であることがほとんどです。そのため工事場所が異なりますと申請方式も違ってきます。普通の水道申請ソフトは、全国に1000以上あるとされる地方自治体の申請方法に対応していますので、全国どこでも使えます。

導入までのあらまし

水道申請ソフトを導入することでコストダウンできますが、何から始めれば良いのか簡単に示してみましょう。最初は、水道申請ソフトを扱っているところへ問い合わせてみます。これにはいくつかの候補をピックアップして、無料のデモを行なっているところでしたら実際に水道申請ソフトの実物の操作を見せてくれます。もし気に入った水道申請ソフトが見つかりましたら、その工事店あるいは会社に合ったシステム構成の提示と見積を取りましょう。システムや導入費用で折り合えが付けば実際に水道申請ソフトを導入します。なお、水道申請ソフトを選ぶ際には、導入後のPCへのインストールや操作指導をソフト会社側が出張してきて行うのかどうか。アフターフォローは万全かなども考慮しましょう。